消費者金融や銀行のカードローン、キャッシング、クレジットカードについてのあれこれ

キャッシングやカードローンに関することを書き続けてみる

カードローン

カードローンでカードなしのメリットは?

投稿日:

カードローンを契約する時に、できるだけ誰にも知られたくはありません。そこでWeb完結で申込をすれば、来店せずに契約できますので知り合いに会う心配はありません。

今は自宅でカードローンを契約するのが主流になってきました。ただWebからの申込の場合には、契約後にカードローン用のカードは郵送で受け取ることになります。

一緒に住んでいる家族がいれば、その郵便物で知られる可能性があります。

またこっそり自宅でカードを受け取ったとしても、お財布にカードを入れておくと何かのきっかけでバレてしまうかも知れません。

カードを持っていれば、キャッシングしているのもバレてしまうでしょう。そこでカードなしで利用できるカードローンが選ばれています。カードなしの一番のメリットは、カード受取時やカードを持っていることで周囲の人にバレてしまうことを防げるということです。

カードがなければバレるリスクを減らすことができますが、カードなしの場合には、どのようにお金を借りることが出来るのでしょうか。

カードなしの時には振込キャッシングをネットや電話から申し込む方法が一般的です。つまり今すぐにお金が欲しいという時には、ちょっと手間があるということです。

ネットから振り込みキャッシングを申し込みすればほぼリアルタイムに利用できますが、自分の口座に振り込んでもらったあとにATMへ行き引き出す手間があります。振込みキャッシング自体は手数料が掛かりませんが、時間帯によっては自分の口座から引き出す時に手数料が掛かることもあります。

振り込みキャッシングの場合、借入できる曜日や時間帯に制限が出来てしまいます。振込みで受け取りますので銀行の営業日しか利用できません。

土日にお金に困ってしまった時には、残念ながら月曜日まで待つしかありません。この点はデメリットですが、とにかく周囲の人にバレたくないという人からしたらカードがないことはメリットが多い契約です。

カードなしの場合、銀行振り込みで受け取るのが一般的です。そのため借入記録が通帳に残ってしまいます。この記録から家族にバレてしまうことも考えられます。ですから契約する時には新しく口座を開設するか、使っていない口座を利用すると安心できます。通帳さえ自分で管理しておけば、家族がいる人でもバレる可能性は低くなります。

一旦カードなしで契約したものの、いざ使ってみたら不便だなと感じることもあります。そういう時は契約後でもカードを発行してもらうことはできます。バレるリスクと、便利さを比較して自分のスタイルに合わせてカードを発行するかどうかを決めることもできるのです。

-カードローン

Copyright© キャッシングやカードローンに関することを書き続けてみる , 2018 All Rights Reserved.