消費者金融や銀行のカードローン、キャッシング、クレジットカードについてのあれこれ

キャッシングやカードローンに関することを書き続けてみる

カードローン

銀行で借りるカードローンは主婦の味方

投稿日:

カードローンというのは、急遽、一時的にお金が足りない、という時にはとても助かる便利なサービスです。

その中には、消費者金融のカードローンもあれば銀行のカードローンもあります。

どちらが良いかというのは人によりますが、カードローンしたい本人に収入がある場合は、消費者金融のカードローンでも審査に通る可能性は大きいといえます。

逆にいうと、本人に仕事がなく安定した収入がない場合には消費者金融でのカードローンはほぼ確実に審査には落ちるのです。

それは、消費者金融には総量規制の導入により貸付できる金額が本人の年収の三分の一までという制限が出来てしまったためです。

しかし、銀行に関しては、貸金業法が適用されないことになっているため、総量規制の導入は無関係なので抜け道とも言えるでしょう。

つまり、お金に困っていてお金を借りたい本人に安定した収入がなくてもお金を借りることが出来る可能性が大きいのです。

その中には、例えば専業主婦のような配偶者の収入で生活している人間も含まれ、銀行カードローンの審査を通る可能性が大きいといえます。

これは主婦にとってはとても助かる事です。

やりくりが上手くいかなくて生活費が今月は少し足りない、とか臨時出費がかさんでしまったという場合には消費者金融では今は確実に断られてしまうけれど、銀行のカードローンになら頼ることが出来るのですから。

また、銀行ならばサラ金と言われる消費者金融と違いお金を借りてもあまりイメージが悪くないので安心というのもあると思います。

いざという時のために銀行カードローンを申し込んでおいても損はないと思います。

銀行カードローン用のカードを持っていて使わなくても本人に何の損もないですから。

また、パートなどしていて収入がある主婦でも借りられる金額が総量規制の制限を受けることがないため、消費者金融で借りるよりも多く借りられる可能性が出てきます。

もちろん最近ではそのメリットが為に返済できる能力を超えて借り過ぎてしまい、破産してしまうというケースもままあるようです。

それを受けて、総量規制を適用されないとはいえ銀行のカードローンにも厳格化されてきてはいます。

とはいえ、ある程度のまとまった金額をあまり本人収入のない主婦やフリーターの人間が借りようとするならやはり1番可能性が見込めるのは銀行のカードローンになるでしょう。

返済できる見込みがないなら借りるべきではありませんが、最後の手段としては銀行カードローンは一つの方法といえるでしょう。

-カードローン

Copyright© キャッシングやカードローンに関することを書き続けてみる , 2018 All Rights Reserved.