消費者金融や銀行のカードローン、キャッシング、クレジットカードについてのあれこれ

キャッシングやカードローンに関することを書き続けてみる

カードローン

「アリバイ会社」は審査を通過する救世主なのか

投稿日:

まとまったお金が必要になったり、手元にお金が全くないけれどすぐにお金が必要になった場合などに「カードローン」はとても大きな力となってくれることがあります。近年では金利も低くなったり、店舗まで行かなくても銀行ATMやインターネットが利用できるなど格段に利便性がアップしてきているのも大きな魅力です。


とはいっても、カードローンを利用する際に忘れてはならないのが「審査」です。特に銀行系のカードローンでは消費者金融カードローンと比較すると審査も厳しくなっており、「誰でも借りられる」というものではありません。

審査に当たっては本人確認はもちろんのこと、源泉徴収票を用いた収入確認や、そもそもその会社に所属しているかという「在籍確認」が行われたりしています。そのため、主婦の方や学生など無収入の方は借りられないケースがほとんどとなっています。

とはいえ、本当にお金が必要な場合はどうしてもカードローンを利用したいという気持ちになることもまた事実です。そのための抜け道として「アリバイ会社」を利用する人がいます。

「アリバイ会社」とは「実態のない架空会社」で、「カードローンを利用しようとしている方が、あたかも働いているかのように見せかけて在籍確認を請け負う」ことを主な業務とする会社のことをいいます。カードローンを申し込んで審査を受ける際に、アリバイ会社から指定された会社を勤務先として申告します。

するとカードローンの金融機関から在籍確認が行われた際に、さも本当に在籍し勤務しているかのように対応してもらえるのです。それだけではありません。会社によっては源泉徴収票を偽造したり、社員証などの在籍証明書の偽造を行ったりすることもあるのです。

これらの書類などは、本当にその会社に在籍しているかのように見せかけるにはより良い効果をもたらすこととなるのです。もしこれらの手段で審査が通れば、希望の金額を借り入れることができるので大きなメリットを享受できます。

しかし一方で、アリバイ会社を利用して審査を受けることには大きなリスクを伴うこともまた事実です。そもそも、カードローンの審査を受ける際に利用規約を確認することになるのですが、「嘘や虚偽の申告をしてはならない」と明記されています。

つまり、アリバイ会社を利用して虚偽の勤務先を申告すること自体が禁止されているのです。また、仮に審査を通った場合でも、後に発覚するということは十分に考えられます。

近年、特に大手カードローン会社はアリバイ会社対策に力を入れているといわれています。そのため、アリバイ会社の利用が発覚するというケースが非常に増えているのです。もし発覚してしまった場合には、規約違反ということでカードローンの強制解約が行われるのが一般的です。その際には、借り入れた金額を元利以下圧で返済しなければならなくなってしまいます。

そもそも、お金が必要で借り入れているわけですからすぐに一括返済できるお金など手元にないのが普通です。それだけ大きなリスクを背負わなければならなくなります。「それならまた他のカードローンから借り入れて返済すればいいのではないか」という人もいるでしょう。

しかし、「永久ブラックリストに掲載されてしまい、お金を借り入れること自体が不可能になる」という事態が待ち受けています。これが最大のリスクなのです。今後、本当に必要なお金が必要な時に永久に借り入れられなくなると資金繰りに困ってしまうことになるのです。

このように、アリバイ会社を利用するということはメリットよりもデメリットのほうが大きいと考えられます。また、当然ですが発覚しなかったとしても返済をしなければならないのは変わりません。

それでもアリバイ会社を利用しようとするならば、より慎重に検討しなければならないことなのです。

-カードローン

Copyright© キャッシングやカードローンに関することを書き続けてみる , 2018 All Rights Reserved.